丸紅は、コールシームガス(CSG)の開発会社である豪州のイースタン・スター・ガス(ESG)が豪州ニューサウスウェールズ州ニューキャッスルで計画している中規模電動LNGプラントの事業化調査を共同で実施することで合意した。

ESGはニューサウスウェールズ州最大のCSG鉱区を保有しており、生産されるガスをニューキャッスルに建設するLNGプラントで液化し、2014年以降、輸出する計画。LNG輸出量は当初、年間100万tからスタートし、将来的には年間400万tまでの拡張する。

今回、CSG鉱区開発事業とLNG事業について、丸紅と共同で事業化調査することで合意した。また、ESGのニューサウスウェールズ州のCSG鉱区からニューキャッスルまでを結ぶパイプライン事業は、丸紅の豪州電力・ガスインフラ事業のパートナーであるAPAグループと共同で事業化調査を実施する予定。

ESGはすでに、中規模電動LNGプラントでは、日立製作所、東洋エンジニアリングと共同で事業化調査を実施することで合意している。丸紅とESGは2社と協力し、LNGプラントの経済性について調査する。

丸紅は中小規模のガス田など、新しいタイプのガスを利用したLNG事業について今後積極化、LNGを安定的に供給する体制を構築する方針だ。