オートポリス戦を制したのはロッテラー(トムス)

シリーズ終盤を迎えている「全日本選手権フォーミュラ・ニッポン」は、10月16〜17日に大分県・オートポリスで第6戦を開催。

50周、約230kmのレースを制したのはアンドレ・ロッテラー(トムス・トヨタ)で、とうとう今シーズンは6戦して6人のウイナー誕生という、極めて珍しい事態となった。

前日の予選に続いて、決勝の幕開けも“大荒れ”。4番グリッドから好ダッシュして中央を突いたのはロイック・デュバル(ダンディライアン・ホンダ)だったが、平手晃平(インパル・トヨタ)、石浦宏明(チームルマン・トヨタ)らと交錯するかたちになり、多重クラッシュが発生。

ここでデュバル、伊沢拓也(ダンディライアン)、井出有治(ムゲン・ホンダ)、さらにはポール発進の大嶋和也(トムス)の計4台が戦線離脱。

今回は「タイヤ交換義務あり」なのだが、スタート直後の事故によりセーフティカーが入ると、何台かのマシンがピットに滑り込み、ここでタイヤ交換と給油をして実質的なノーピット作戦に出ることとなった。セーフティカーラン5周の間に、6台がピットへ。

のちのちピットインしなければならない5台が上位半分、実質ノーピット狙い組の6台が後ろ半分という形勢になった。

作戦的な軍配は実質ノーピット狙い組に上がり、首位攻防はロッテラー対ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(インパル・トヨタ)に。ともに1周目にピットインしたが、その時ロッテラーはリヤ2輪のみを交換、オリベイラは4輪全部を交換していた。

「(結果的に)4輪交換はベストではなかった」と言うオリベイラは、ロッテラーをつかまえることができず、「オリベイラの速さを探りつつ、レースをコントロールできた」と語るロッテラーがシーズン初優勝。

前日の予選では不名誉な役回りを演じることになってしまったロッテラーだが、「だからといって気合いが入ったりはしない。プロフェッショナルなレーシングドライバーというのは、常に高いモチベーションでレースに臨むものだからね。ただ、ナイスなリベンジにはなったと思う」と、喜びを語った。

3位には、最初の接触による損傷を「メカニックがアームを引っ張って応急処置してくれた」と言う石浦が入り、ポイントリーダーだった小暮卓史(ナカジマ・ホンダ)はステアリング関連のパーツが壊れてリタイア。

これでドライバーズチャンピオン争いはオリベイラとロッテラーが36点で並び、小暮(31点)、デュバル(28点)、平手(24点)、大嶋(21点)までチャンスが残った状態で、11月6〜7日に三重県・鈴鹿サーキットで開催される、今季シリーズ戦では唯一の2レース制大会=最終戦を迎えることとなった。

前日の事件があったため、今日こそ満面の笑顔のロッテラーだ 表彰台。向かって左から2位オリベイラ、優勝ロッテラー、優勝監督のトムス舘信秀氏、3位の石浦 今日は恒例の“順位指立て”も、全員で実行。左からオリベイラ、舘監督、ロッテラー、石浦 5位でゴールし、他車の失格で4位となった新人ケイ・コッツォリーノ(左)。自己ベストの成績を喜ぶ。手前はオリベイラ 小暮卓史は不運なトラブルでリタイア、ポイント首位から陥落。「最終戦、もうチャレンジャーの気持ちで、いきます」 初ポールの大嶋には、スタートでまさかのアクシデントが待っていた。右手前はSUPER GTでのチームメイトである石浦 伊沢拓也はスタート直後のアクシデントに巻き込まれ、リタイアを喫した 好調ドコモ・ダンディライアン勢だったが、デュバルと伊沢、両者をスタート直後に失う無念の結果に 4位でゴールした塚越広大だが、車両のスキッドブロックに関する規定違反で失格に 今季苦戦が続いていた新人・井口卓人。スタート前も渋い顔? だが、乱戦を生き残って6位。初入賞を地元九州で決めた 九州のファンが楽しみに待っていた、今年唯一の4輪トップレーシングイベント