オートポリスの予選、出走前には笑顔も見せていた前戦優勝者・大嶋和也。マシンの状態は走るにつれて「良くなっていった」と、まずまず以上の好感触だ。ラッキーなポール獲得で選手権得点1を追加、明日の決勝では連勝を狙う

赤旗中断となり、大半の選手がタイムアタックする前に終了してしまった、フォーミュラ・ニッポン第6戦オートポリスの予選最終セッション(Q3)。しかも規則のアヤで、赤旗の原因をつくったアンドレ・ロッテラー(トムス・トヨタ)が1位に---。予選後のパドックは大いに紛糾した。

しかし、19時38分に暫定予選結果の“改定版”が発表され、ロッテラーは「赤旗提示等の原因となったドライバーはペナルティを科せられる場合がある」という規則によって、5番グリッドへとダウン。大嶋和也(トムス)が繰り上がりでポールポジションを獲得し、2〜4位に平手晃平(インパル・トヨタ)、石浦宏明(チームルマン・トヨタ)、ロイック・デュバル(ダンディライアン・ホンダ)が並ぶこととなった。

ここで気になったのは、ロッテラーの“落としどころ”。Q3に進んだ8人のうち、ある程度まともなタイムが出ていたのは、タイムを取り消されたロッテラー以外では大嶋だけ。平手、石浦、デュバルは試走レベルのタイムが赤旗前に記録されていたが、6〜8位の3選手は、ロッテラーの出した赤旗によってノータイム状態を強いられた。だが暫定結果改訂版では、ロッテラーが依然としてその3人より上位(5位)にいる。

これに対し、さらなる紛糾も予想されるところではあったが、20時30分に正式予選結果が発表され、先の改訂版のとおりの順位で決着。とにかく明日の決勝レースは、九州地区のファンのためにも“すっきりした好バトル”の実現を願いたいものだ。

オートポリス戦の予選、最終的に3番グリッドを獲得した石浦宏明