フィットRS

ホンダ『フィット』がマイナーチェンジした。今回のマイナーチェンジに際し、フィットの魅力をより広げるために、多彩に、明確に、個性を強化したという。その中で「RSグレード」はスポーティさを分かりやすく前面に押し出したといえるだろう。

そのインテリアデザインを担当した本田技術研究所四輪開発センターデザイン開発室第1ブロック 野澤義雄さんは、「RSは、分かりやすいスポーティさという味付けをしました」という。野澤さんは、「自分が欲しい本当のRSというのは3種の神器をやらなければならないと考え、ステアリングとシフトとペダルは専用のものにしました」と話す。

RSを買いに来るユーザーは絶対的に指名買い。従って、RSは最初からそういうスポーティな演出はされていると考えるからだという。因みに初代『シビックRS』もステアリング、シフト、ペダルは専用のものが装着されていたという。他にも、「(マイナーチェンジ前のRSは)メーターがノーマルと変わらないなどとユーザーから意見があったので、メーターは最初から専用にしようと思いました」。

そして、カラーを担当した、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室第3ブロック2スタジオの鈴木知子さんは「RSの専用色サンセットオレンジIIは、開発当初からオレンジという色域をやりたいな、元気のいい色をやりたいなと考えていました」という。そうした中、「初代の『シビックRS』を覚えている人がいて、RS=オレンジという印象を持っていたのです。そこで、そのオレンジを現代風に進化させたのがサンセットオレンジIIです」。

鈴木さんは、最後に「(シビックRSの)サンセットオレンジもそうでしたが押し出しの強いソリッドカラーを採用することで、ボディ全体でオレンジの色強さみたいなものを楽しめるかなと思います」と語った。

フィットRS フィットRS フィットRS フィットRS フィットRS