フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日

15日、フィアットオートモービルグループのアバルトブランド事業本部長、アントニーノ・ラバーテ氏が来日。日本での年間販売台数600台を、2013年には倍を越える1500台にしたいとの見通しを語った。

ラバーテ氏は、新モデルのアバルト『500C』と『プントエヴォ』の日本販売開始に合わせて来日。「日本はイタリア本国と並ぶ重要な市場」と評価し、これまでの販売成績においても「好成績をおさめている」とした。

現在、日本でのアバルトブランド販売店は4店舗となっているが、今後拡大していきたい考えで、実際に「アバルトブランドを取り扱いたい」とするディーラーからの問い合わせも多く、手応えを感じているという。

フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日 フィアット グループ オートモービルズ社のアバルト事業本部長アントニーノ・ラ バーテ氏が初来日