ワゴンRのCVTが燃費向上に貢献

スズキは、同社の2009年度の環境・社会に関する取り組みを紹介する「スズキ環境・社会レポート2010」を作成し、ホームページに公開した。

環境・社会レポート2010では、2009年度にスズキと関連会社が行った環境・社会に関する取り組みを中心に「環境への責任」と「社会への責任」という2つの大項目に分けて紹介する。

環境への責任では、2009年度に国内で販売した四輪車の平均燃費(台数加重平均)を19.4km/リットルから20.8km/リットルに高めるなど、燃費改善のための取り組みによる環境に配慮した製品開発などを紹介。また、二輪車・船外機・次世代自動車に関する取り組みなどについても紹介している。

社会への責任では、昨年4月に開館した「スズキ歴史館」に「遠州コーナー」を新設したことや、スズキ歴史館で行った地域住民との交流活動などを紹介している。

また、科学技術研究に対する助成や高校生や大学生に対する奨学援助、国内外で行っているる奉仕活動などについても紹介している。