JFEスチールは、ドイツのゲオルグスマリエンヒュッテホールディング(GMH)と、エネルギー分野向け棒鋼製品関連技術で提携したと発表した。

JFEとGMHは、2002年に自動車と軸受を含む部品メーカー向け特殊鋼棒鋼分野で包括提携しており、相互に技術交流してきた。今回、両社は提携を発展させることで合意、JFEは今後、GMH傘下の鋼材メーカー、鍛造メーカーなどと、エネルギー分野向け棒鋼製品に関する最新技術の情報交換や共同研究、技術ライセンス供与を進める。

クリーンエネルギーが世界的に注目される中で、風力発電など新エネルギー分野の大幅な需要拡大が見込まれている。GMHは傘下に風力発電関係の会社を複数持ち、軸受製造などで高い技術力を持つ。

今回のエネルギー分野の提携で、両社は相互の技術力を高め、世界規模で拡大する新エネルギー分野の需要を取り込むため、競争力の高い製品、サービスを供給していく。