CAT 305D CR

キャタピラージャパンは、道路工事や住宅基礎工事などの作業現場で、掘削・積込・吊作業するミニ油圧ショベル2機種を10月15日から発売する。

今回新発売する『CAT 305D CR』(バケット容量:0.16立方m)、『305.5D CR』(バケット容量=0.16立方m)は、ミニ油圧ショベル「Dシリーズ」としては初めての導入となる。「Cシリーズ」の基本設計を踏襲しながら操作性・作業範囲を改善したほか、省燃費性能の向上、セキュリティ対策を強化した。

新製品は、油圧システムの変更やレバー位置変更などで作業全般の操作性を大幅に向上した。高い掘削力とワイドな作業範囲により生産性の向上にも寄与する。エンジン回転数を下げるエコノミーモードや3秒以上操作しないと自動的にエンジン回転数を下げる自動デセル機能を標準装備し、燃料消費量も低減する。

さらに、マシンセキュリティシステム(MSS)をオプション設定し、車両盗難の防止対策を強化した。

このほか、オフロード法に適合するとともに、国土交通省超低騒音型建設機械にも適合している。

2機種合計で年間160台の販売を計画している。価格は305D CRが615万円。