JVC・ケンウッド・ホールディングスは、2010年9月中間期の連結決算業績見通しの利益を上方修正した。

第1四半期(4-6月期)に続いてカーエレクトロニクス事業が予想以上に好調に推移するなど、主要事業の営業利益が想定を大きく上回る見込みとなった。営業利益は25億円を予想していたが50億円となる見込み。経常損益は5億円の赤字を見込んでいたが20億円の黒字となる。

また、構造改革が予定通り進み、これに伴う特別損失が想定よりも少なくてすむため、最終赤字は70億円から30億円に上方修正した。