12日午前7時30分ごろ、滋賀県大津市内の県道で、信号待ちをしていた乗用車に対し、後続の乗用車が追突。押し出された被追突側のクルマが横断歩道を渡っていた小学生の女児3人をはねる事故が起きた。この事故で女児を含め、5人が軽傷を負っている。

滋賀県警・大津署によると、現場には押しボタン式の信号機があり、当時は近くの小学校に登校するために女児が横断していた。乗用車は信号待ちで停車していたが、そこに減速しないまま進行してきた後続のクルマが追突。押し出された弾みで、横断していた女児を次々にはねた。

この事故で小学6年生(11〜12歳)の女児3人が打撲などの軽傷。被追突側のクルマを運転していた同市内に在住する78歳の男性と、同乗していた60歳の男性も頚部打撲などの軽傷を負った。警察は追突してきたクルマを運転していた同市内に在住する24歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

現場は大津市柳川付近で、片側1車線の緩やかなカーブ。調べに対して男性は「前を見ていなかった」などと供述しているようだ。

事故が起きた県道は京都方面へ抜けるために交通量が多い。横断側が押しボタン式の信号機ということもあり、運転者側には「通過できる交差点」と認識されているようで、以前にも同様の追突事故が発生しているという。