自動車検査登録情報協会が14日まとめた「平成22年版 わが国の自動車保有動向」によると、2010年3月末現在の乗用車の平均車齢は7.56年となり、17年ぶりに低い伸びになった。エコカー補助金などで車齢13年超の車の廃車が進んだためと見られる。

車の平均車齢は、国内で走行している車の新規登録からの経過年数を示すもので、人間の平均年齢に相当する。

乗用車の平均車齢は2006年3月末が6.09年、07年3月末が7.09年、08年3月末が7.23年、09年3月末が7.48年と毎年平均0.19年延びてきた。10年3月末の平均車齢は09年3月末にくらべ0.08年の伸びとなり、ここ数年の伸びの半分に縮小した。買い替え補助金などによる代替促進で、車の高齢化にブレーキがかかった格好だ。