三菱自動車の益子修社長(左)とヤマト運輸の木川眞社長(右)

ヤマト運輸と三菱自動車は、軽商用電気自動車(EV)を活用した集配の実証走行試験を実施すると発表した。

ヤマト運輸は、事業活動でのCO2排出量を低減するため、商用EVの採用を検討してきた。今回、商用EVの開発中の三菱自動車が協力し、両社で軽商用EV試験車を集配で使用して実証する。

実証試験には三菱自動車の軽商用ガソリンバン『ミニキャブバン』をベースに、EVの『i-MiEV』に搭載している専用コンポーネントを搭載した試験車を制作し、これを実際の集配業務用車として使用する。集配走行でのデータを収集・分析して実用性を確認する。

軽商用EVの走行試験は10月15日から東京都大田区を中心に実施する。

ヤマト運輸は、安全・エコドライブ指導車として i-MiEV 10台をすでに導入しており、今後、試験結果を踏まえ、軽商用EVの採用についても検討する。

三菱自動車は、試験結果を自社の商品開発にフィードバックして軽商用EVの早期市販化を目指す。

ヤマト運輸の木川眞社長 ヤマト運輸の木川眞社長 実証試験をおこなうEV集配車 実証試験をおこなうEV集配車 軽商用電気自動車の集配実証走行試験を開始 安全・エコドライブ指導車として導入されているi-MiEV 安全・エコドライブ指導車として導入されているi-MiEV