1シリーズMクーペ

BMWが2011年初頭に正式発表予定の『1シリーズクーペ』の最強モデル、『1シリーズMクーペ』。同車のエンジンスペックが明らかになった。

その心臓部に収まるのは、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジン。最大出力は340psを発生する。「135iクーペ」比で、34psパワフルだ。トランスミッションは、6速MTのみ。ワイドフェンダーによって、全幅は80mm拡幅された。

車両重量は約1500kg。ブレーキやリアディファレンシャルは、現行『M3』から流用される。BMWによると、ドイツ・ニュルブルクリンクでのラップタイムは、先代『M3クーペ』(E46型)よりも約10秒速いという。

BMWは同車の新写真も公開。その中には初代M3(E30型)とのツーショットもあり、BMWは1シリーズMクーペを初代M3の再来と位置づけているようだ。

1シリーズMクーペは、2011年1月に開幕するデトロイトモーターショーで正式発表。納車は初夏にスタートする。価格は135iクーペとM3クーペの間になる見込みだ。

1シリーズMクーペ 1シリーズMクーペ 1シリーズMクーペ 1シリーズMクーペ 1シリーズMクーペ