エリート・オープン仕様

ロータスが今年のパリモーターショーでプロトタイプを披露した新型『エリート』。13日、そのオープン仕様の写真が公開された。

新型エリートには、クーペとオープンの2タイプを設定。これまでロータスは、クーペの写真しか公表していなかった。

13日に公開された写真は、オープン仕様を後方から撮影したもの。グランドツアラーにふさわしい魅力的なスタイルが確認できる。

新型エリートのオープン仕様は、メルセデスベンツ『SL』やフェラーリ『カリフォルニア』のように、電動リトラクタブルルーフを採用。メタルルーフは、トランク内にスマートに格納されるもようだ。

新型は2014年に発売予定。5.0リットルV型8気筒エンジン(620ps、73.4kgm)を搭載し、0-100km/h加速3.5〜3.7秒、最高速315km/hの実力だ。新型エリートが、フルラインスポーツカーメーカーを目指すロータスを象徴するモデルとなる。

エリート(パリモーターショー10) エリート(パリモーターショー10)