イメージ

10日午前8時20分ごろ、山口県山口市内の中国自動車道下り線を走行中の大型バイクが転倒。道路左側のガードレールに衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた52歳の男性が死亡している。

山口県警・高速隊によると、バイクは緩やかな右カーブを進行中に路外へ逸脱して転倒。そのままガードレールに衝突したものとみられている。

運転していた男性は近くの病院に収容されたが、頭部などを強打したことが原因で約1時間後に死亡。所持品などから、大阪府松原市内に在住する52歳の男性と判明している。

現場は山口市黒川付近で、片側2車線。走行中にパランスを崩したことが事故の主因とみている。