グレードにより異なるキャラクターを与えられたフィット。デザインにも個性を持たせる

ホンダの基幹車種である『フィット』がマイナーチェンジした。特に今回はグレードごとの個性を明確化したことが特徴のひとつとして挙げられる。

そのエクステリアデザインを担当した、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室第1ブロック1スタジオ中原潤さんは、大きくは2つの顔に分類されるという。「『インサイト』や『FCXクラリティ』に代表されるような先進顔というのを踏襲したバンパー(ハイブリッド、15X、ノーマル)と、RSのスポーツバンパーです。これで大きく2つのキャラクターを作っています」という。

次はハイブリッド、15X、ノーマルをどのように差別化するか。「グリルをはじめとする既存品の、色や質感の違いで表現しています」と中原さんはいう。「具体的にはハイブリッドのヘッドライトは同じデザインですが、メッキ化。グリルについてもメッキとブルークリアのアクリルカバーを採用し、これらで先進差を強調しています」。

次に「15Xはフロントグリルをメッキグリルにすることでインゴット感、塊感と上質感を分かりやすく表現しました。リアライセンスガーニッシュも同様です」という。最後にノーマルは「フロントグリルをメッシュにすることと、ヘッドライトをシルバー塗装にすることで、マイナー前より目がくりっと見えるようにデザインをしています」と話し、差別化の具体例を語った。

RSとハイブリッド フィットハイブリッド フィットRS フィットRS フィット13L フィット フィットハイブリッド