パジェロ

政府は今月末に国会に提出する2010年度補正予算案に、運送事業用の環境対応ディーゼルトラック・バスの導入補助制度の創設を盛り込む。また、すでに今年度予算が払底している自家用クリーンディーゼル車導入補助予算と運送事業用の低公害車導入補助(CNGトラック・バスやハイブリッドタクシー)予算も積み増す方針だ。

政府が8日閣議決定した円高・デフレ対応の緊急経済対策に盛り込まれていたもので、今後政府部内で調整を進め、今月末提出の補正予算で所要額を手当てする。

運送事業用の環境対応ディーゼル車補助は、ポスト新長期規制に適合し、2015年燃費基準を達成しているトラック・バスの購入に対し、従来車との差額の2分の1を目安に一定額を補助する。すでに終了した事業用エコカー補助に代わる制度としてユーザーやデーラーから歓迎されそうだ。

今年度の自家用クリーンディーゼル車補助は、9月29日に申請額が予算額を超過することが確定。運送事業用低公害車導入補助もすでに申請受付を終了している。

エクストレイル 20GT