富士精工は、2010年8月中間期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は69億1000万円を予想していたが67億3700万円と、ほぼ予想通りだった。

営業損益も7000万円の赤字を予想していたが7900万円の赤字と、ほぼ予想通り。

外貨建債権が為替の影響で減少したことなどから経常損益は5000万円の赤字を予想していたが7700万円の黒字となった模様。中間期赤字も2億円を予想していたが8900万円にとどまった。