イメージ

8日午前11時40分ごろ、千葉県市川市内の市道を走行中の乗用車が、交差点を曲がりきれないためにバックしてハンドルを切り返そうとしたところ、誤って薬局の建物に突っ込む事故が起きた。この事故で薬局の中にいた2人が負傷している。

千葉県警・市川署によると、クルマは交差点を曲がりきることができず、ハンドルを切り返すためにバックしようとしたが、突然加速。そのまま後方にある薬局の建物に突っ込んだとみられる。

建物は入口付近が中破。店内にいた客の68歳女性と66歳男性が打撲などの軽傷。薬剤師や、クルマを運転していた同市内に在住する73歳の男性にケガはなかった。

現場は市川市宮久保3丁目付近。警察では運転していた男性から自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞いているが、調べに対して男性は「早く曲がろうと慌てていて、アクセルを踏み込んでしまった」などと供述しているようだ。