クーガ

フォード・ジャパン・リミテッドは5日より新型コンパクトSUV『クーガ』の販売を開始した。日本市場における主力であるSUVモデルの拡充を図るとともに、335万円からという戦略的な価格を設定し、国産SUVからの乗り換え需要の獲得をめざす。

現在フォード・ジャパンの主力モデルはSUVの『エスケープ』と『エクスプローラー』で、それぞれ年間700〜1000台を販売している。価格帯でみると、エスケープが255万円から、エクスプローラーが398万円からとなっており、今回335万円からのクーガを追加することで、これまで獲得できていなかった顧客層を取込む考えだ。

想定するライバルは日産『ムラーノ』やトヨタ『ハリアー』といった国産プレミアムSUV。同社は、「これら国産プレミアムSUVも、販売当初は個性的なデザインが魅力だった。しかし今では街に溢れてしまっており、その魅力は薄らいでしまっている。クーガの個性的なデザインは、こうしたクルマを望むユーザーにとって大きなインパクトとなるのでは」と期待をこめる。

クーガの特徴はデザインだけでなく、欧州複合モードで9.7km/リットルを実現する新世代2.5リットルターボエンジン、インテリジェントAWDや横転を防止するARM、統合的に各乗員保護装置を機能させるインテリジェントプロテクションシステムなど高い安全技術を標準装備としている点にある。「まさに戦略的価格。インテリアの質感なども含め、装備内容を見ていただければ、高い満足感を感じてもらえるでしょう」と胸を張る。

販売目標台数は年間1000台。エスケープからのクラスアップや、エクスプローラーからのダウンサイズを望む顧客だけでなく、国産SUVからの乗り換え層にアピールし、総販売台数の純増をねらう。

クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ