フォーツーカブリオmhd

メルセデスベンツ日本は12日、2人乗りの小型シティコミューター『スマートフォーツーmhd』のクーペ、カブリオともに仕様、装備を変更したフェイスリフトモデルを発売した。納車開始時期は11月中頃からとなる。

スマートフォーツーmhdは、全長2720mmの超小型ボディが特徴。さらに独自のアイドリングストップ機構「スタート/ストップ機能」を標準装備することで、燃費、CO2排出量の削減に貢献する。今回のフェイスリフトにともない、約2%の燃費向上を果たし、10・15モード燃費23.5km/リットルを達成、輸入車として初めてCO2排出量99g/kmを実現した。

このほか、デザイン性と質感を向上。「ライトブルーメタリック」と「マットライトグリーン」の2色を新設定するとともに、フロントバンパー、サイド・リアスカート、給油フラップをボディ同色に変更した。

新デザインの15インチ6スポークアルミホイール&ワイドタイヤを、「カブリオ」に標準、「クーペ」にオプション装備とし、スポーティで安定感のある足元を演出する。

さらに全モデルで新デザインのダッシュボード、メーター、インテリアトリムを採用し、よりスタイリッシュなコックピットを作り上げた。

機能面では、クーペのテールゲートの操作方法を変更し、ロックボタン操作で片手でも簡単にオープン可能としたほか、シートサイドポケットを追加し収納性を高めた。また、カブリオにはパドルシフト付ステアリングを採用し、ステアリングから手を離す事なくシフトチェンジを可能としている。

大幅な変更を施しながらも価格は据え置き、クーペが184万円から。

フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd フォーツーカブリオmhd