フォード・フィエスタ

フォードモーターは11日、9月のアジアパシフィックとアフリカエリアの販売台数が、過去最高の7万8700台となり、前年同月比27%増を記録したと発表した。

最大市場は中国で、前年同月比26%増の5万0970台。インドでは、146%増の8380台をセールスした。中国では『フィエスタ』、インドでは『フィーゴ』が牽引役を果たす。

また、アジアパシフィック&アフリカエリアの今年1‐9月の累計販売台数は、65万1856台。前年同期比は40%増と大幅な伸びを達成した。最大市場はやはり中国で、前年同期比40%増の41万9073台。インドは188%増の6万3056台だ。

同社のアジアパシフィック&アフリカ部門、ジョー・ハインリッチ社長は、「顧客は高品質で燃費が良く、運転して楽しいとフォード車を評価してくれている。我々は、工場や販売ネットワークを拡張し、顧客のニーズに応える」とコメントしている。

フォード・フィーゴ