本田技研工業 取締役日本営業本部長の小林浩氏

取締役日本営業本部長の小林浩氏は『フィットハイブリッド』について、「『目立ちたくない。だけど、ハイブリッドに乗っておきたい』という需要に応えるもの」だと話す。『インサイト』が登場したときにフィットのHV化への要望があり、それに応えるというだけでなく、「今まで大きなクルマに乗っていた人が、サイズを落とすときに、自分なりに納得できる」という点も購入のきっかけにつながるという。

一方、フィットハイブリッドの登場により、インサイトの役割も変わる。「今まではインサイトをみんなのハイブリッド車としてアピールしていたが、そのポジションは、さらに安くて室内が広いフィットハイブリッドに譲る」と話した。インサイトは、現在ホンダのラインナップから姿を消してしまった5ナンバーコンパクトセダンのポジションとして、より仕様・装備を充実させて販売につなげるねらいだ。

また、販売店においても変化があると予想する。今まではインサイトを見るために来店、値段でフィット、広さで『フリード』を検討するという流れがあった。これからは、ハイブリッド車を見に行くという点で相乗効果が期待でき、来店すれば、フィットハイブリッド、インサイト、『CR-Z』というラインナップで顧客を迎えることができるという。

なお、今後の販売については、フィットハイブリッドは「エコカー補助金なし」という前提の中でも購入を待っていた顧客が大勢いたとして、エコカー補助金終了後の営業展開にも自信を見せた。

フィットハイブリッド フィットハイブリッド フィットハイブリッド インサイト