フォーツー エレクトリック・ドライブ

メルセデスベンツ日本は12日より、2人乗りシティコミューター『スマートフォーツー』の電気自動車(EV)を導入し、実証試験を開始したことを発表した。

使用されるEVは、米国テスラモーターズが開発したリチウムイオンバッテリーを搭載。エネルギー容量は16.5kWhで、航続距離は135km(ヨーロッパ測定値)を実現する。また、充電中にエアコンを作動させることで、乗車前に快適な車内温度にすることができる「プレクール」機能も搭載する。

今回の試験では、日本特有の気候や道路条件下での走行データを収集・検証し、2012年以降に予定している市販化に向け備える。

同日、表参道ヒルズ(東京・渋谷)でおこなわれた発表イベントでニコラス・スピークス社長は、「技術面については既に欧州などでの試験で実証済み。日本では、新たな顧客、新たなニーズを見極めることが最大の目的だ」と述べ、マーケットの要望次第では1000〜1500台規模での導入も考えていることを明らかにした。

日本での試験は3台からスタートし、2011年以降は10台以上の規模に拡大する予定。一般ユーザーからの参加も予定しており、3か月間無料でEVを提供し体験レポートを実施する。詳細は10月後半に改めて発表されるという。

メルセデスベンツは、シティコミューターとしてのEV普及を目指している。同社広報は、「元々シティコミューターとして生まれたスマートとEVは最高の組み合わせ。低炭素かつ楽しい、新たなライフスタイルを提案できるのでは」と語る。

フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ フォーツー エレクトリック・ドライブ