ホンダアクセスは、モデルチェンジしたハイブリッドカー『インサイト』をよりスポーティにするスポーツサスペンションなどを追加設定し、10月8日から販売開始した。

今回、新型インサイト向けに、約10mmローダウンしながらも、乗り心地を犠牲にすることなく、スポーティな走りが可能となる「スポーツサスペンション」(8万2950円)を新たに設定した。スポーツサスペンションは、ホンダアクセスとしてインサイトで参戦した「2009年Enjoy耐久」と「東京オートサロン2010」に出展した「インサイトSports Modulo Concept」の開発で培った技術をフィードバックして開発したもの。

また、軽量化と高剛性を両立した鍛造15インチアルミホイール「MS-020」(1本=4万2000円)や、従来の鋳造方法で大幅な軽量化とコストダウンを実現した15インチアルミホイール「MS-021」(1本=2万7300円)を設定、スポーティスタイルの演出と走行性能の向上に貢献する。

さらにインテリアに運転手や同乗者の体をしっかりとホールドし、スポーティな走りを支えるレカロ製スポーツシートについて、ホールド性に重点を置いた「スポーツタイプ」(15万5400円)に加え、ヒップサイド部の高さを抑え、乗降性にも考慮した「フラットタイプ」(15万5400円)の2種類を設定する。