パジェロ クリーンディーゼル

政府が8日に閣議決定した「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」で、新たな経済対策として、クリーンディーゼル車への購入補助が積み増しされた。これにより、クリーンディーゼル車向けの補助金が、今年度下半期分も支給されることになる。

クリーンディーゼル自動車等導入促進対策費補助金は、ベースとなる車輛との価格差のうち半分を補助するもので、日産『エクストレイル』、三菱『パジェロ』など、2010年度に投入されたクリーンディーゼルモデルが好調で、早期の終了となっていた。

補助金は、エクストレイルのディーゼルモデルの場合、ガソリンモデルとの差額は42万円となり、21万円を上限に補助金が交付される。2010年度予算額は3億2046万円で、9月29日までの累計申請額は3億2208万円、申請件数は1409件で、予算を超過していた。

なお、2011年度の補助金予算額に関しては17億円の概算要求を提出している。

エクストレイル 20GT ML350ブルーテック Eクラス・ブルーテック(写真はE350ワゴンブルーテック)