ランサーエボリューションX

三菱自動車は、高性能4WDスポーティセダン『ランサーエボリューションX』を一部改良して10月21日から発売すると発表した。

今回の一部改良では、高着火性点火プラグを採用するとともに、点火時期や燃料マップなどのエンジン制御、触媒仕様を見直すことで、2005年基準排出ガス50%低減レベル(JC08モード)に適合した。加速レスポンスも向上、さらに全グレードで10・15モード燃料消費率で0.4〜0.6km/リットル向上した。ツインクラッチSST車は、制御を見直し、変速レスポンスの向上や減速時のスキップシフトを可能とし、従来以上に走行状況やドライバーのフィーリングに合った変速が可能となった。

また、緊急ブレーキ時に大きなブレーキ力が得られるブレーキアシスト機構の緊急性を検知する仕組みに、ペダル踏力・踏込み速度感応型に変更する。

ランエボは盗難されるケースも多いため、従来のセキュリティアラームをベースに、車体傾斜検知機能と室内侵入検知機能を追加し、異常が発生した際、セルフバッテリー内蔵サイレンの吹鳴とハザードランプが点滅するプレミアムセキュリティアラーム(盗難発生警報装置)を採用した。

このほか、7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション「MMCS」に地上デジタルTVチューナー(フルセグ)を内蔵した。グローブボックス内には新たにUSB端子や、Bluetoothで接続された携帯電話や音楽プレーヤーなどの外部機器をMMCSのタッチパネルや、ステアリングホイールのオーディオリモコンスイッチ、ボイスコマンド機能によって操作できるリンクシステムを採用した。

販売目標は月間100台。価格はGSRのツインクラッチSSTが403万8000円。

ランサーエボリューションX ランサーエボリューションX ランサーエボリューションX