5日午前8時ごろ、福島県郡山市内の磐越自動車道下り線で、20歳の男性が本線路肩をランニングするトラブルが発生した。幸いにも事故に発展することはなかったが、警察では男性に厳重注意を行うとともに、高速自動車国道法違反容疑で事情を聞いている。

福島県警・高速隊によると、道路管理者のNEXCO東日本から「五百川パーキングエリア付近の下り本線で、男性が路肩を走っていると料金所に連絡が入った」という内容の通報が寄せられた。

同隊がパトカーを出して捜索したところ、郡山市熱海町高玉付近で路肩をランニングしている若い男性を発見。強制抑止するとともに、パトカーへ保護した。

ランニングしていたのは神奈川県小田原市内に在住する20歳の男性。友人らと観光中だったが、五百川PAで休憩中に「ランニングしよう」と思い立ち、実際に開始したという。発見時はPAから約2km離れた場所まで到達していた。保護時の服装はTシャツに短パン姿だったが、大学の陸上部などに所属しているわけでもなく、練習目的の走行でもなかった。

幸いにも事故には発展しなかったが、警察では男性に厳重な注意を行うとともに、高速自動車国道法違反(出入の制限)容疑で事情を聞いている。調べに対して男性は「ランニングが禁止されているとは思わなかった」、「適当なところでパーキング引き返そうと思っていた」などと供述しているようだ。