フィットハイブリッド発表会見(8日)

東京・青山の本社で記者会見した伊東孝紳社長は『フィット・ハイブリッド』について、今年7月に同社が決めた「今後10年のビジョンに向けた第1弾」とし、これを機に「ハイブリッド車(HV)の普及に弾みをつけたい」と、強調した。

ホンダは2010年までのビジョンとして、良い商品を「早く、安く、低炭素で」顧客に届けることを掲げている。伊東社長はフィットのHVは、そうした方向を具現化する最初の商品と位置づけた。

159万円からとなった価格については「(安くするよう)頑張っているが、損をしてまではやらないし、損はしていない」と述べ、収益も十分確保できる価格設定ができたと評価した。

フィットハイブリッド発表会見(8日) フィットハイブリッド発表会見(8日)