キュシュカイ(日本名:デュアリス)

欧州日産は7日、9月の新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は5万6269台で、前年同月比は5%増。12か月連続で前年実績をクリアした。

市場別では、サンダーランド工場のある英国が、前年同月比39%増の1万6518台でトップ。スクラップインセンティブ導入で販売が回復したロシアが、9747台で続く。ロシアの前年同月比は108%増と驚異的で、5か月連続で前年実績を上回った。

フランスも、前年同月比11%増の6181台と好調。一方、インセンティブが終了したドイツは11%減の5395台、イタリアは30%減の4010台と落ち込む。

車種別では、『キャシュカイ』(日本名:『デュアリス』)が、2万1698台を販売したものの、前年同月比は3.7%減と2か月連続のマイナス。『エクストレイル』は、26%増の2791台と、引き続き好調だ。

新型発売を控えた『マイクラ』(日本名:『マーチ』)は、前年同月比7.1%減の9614台と3か月連続のマイナス。『ノート』も39.7%減の4488台、入門コンパクトの『ピクソ』も44.3%減の2986台にとどまった。

日産の欧州市場における9月シェアは、前年同月よりも0.7ポイント後退して3.3%。欧州日産のベルナード・ロール販売担当副社長は、「とくにロシアでの販売が倍増と好調。ロシア市場でのシェアは5%を得た」と、語っている。

エクストレイル マイクラ(日本名:マーチ) ピクソ