フィット・ハイブリッド

ホンダは、スモールカー『フィット』のハイブリッドモデル「フィット・ハイブリッド」を追加し、10月8日から発売開始した。

ホンダのハイブリッドモデルとしては、最も低価格となる159万円からに抑えた。さまざまな工夫により、ハイブリッド用バッテリーなどを荷室下に収めることで、フィットの特長である居住性やシートアレンジを維持しながら燃費を30km/リットル(10・15モード)とした。

フィット・ハイブリッドは、メッキ+クリアブルー塗装を施したヘッドライトやフロントグリルなど、専用エクステリアデザインを採用する。シャンパンメタリック塗装の専用インテリアパネルや、低燃費運転の状況を表示するアンビエントメーターなども採用する。

ハイブリッド専用車の『インサイト』と同じ1.3リットル「i-VTEC」エンジンに「IMA」(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせ、30km/リットルの燃費性能を達成した。IPU(インテリジェント・パワー・ユニット)は荷室下に収める。実用燃費の向上を目指してドライバーの低燃費運転を支援する「エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム」を装備した。

また、専用メーカーオプションのホンダHDDインターナビシステムは、通信費無料で各種情報サービスを気軽に利用できるリンクアップフリーに、多彩なルート配信が可能なインターナビ・ルートとエコアシストの機能を初めて同時に採用した。

価格は廉価モデルが159万円からで、スマート・セレクションが172万円、ナビプレミアム・セレクションが210万円。

フィット・ハイブリッド フィット・ハイブリッド フィット・ハイブリッド フィット・ハイブリッド フィット・ハイブリッド フィット・ハイブリッド フィット・ハイブリッド フィット・ハイブリッド