MINI GINZA

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、店舗のサービスの質の向上やセールススタッフの業務プロセス効率化のため、BMWとMINIの全国の正規ディーラー全店舗に、ソフトバンクモバイルが販売する『iPad』を導入すると発表した。

MINIの正規ディーラーには10月末まで、BMWの正規ディーラーについても今年末までに導入する予定。

銀座にあるMINIの店舗「MINI GINZA」のショールームにはiPadを輸入車業界で最初に導入しており、専用のコンテンツなどを開発して来場者にサービスを提供してきた。

今回の店舗へiPad導入に伴って、BMW、MINI用にiPadで確認することができるカラーリングシステムや専用のカタログ、製品の動画コンテンツなどを開発、店頭でのコミュニケーションツールとして活用する。

同社では今回のiPad導入により店舗への来場者に提供するサービスの質を向上を図り、顧客満足度の向上を図る。

今後、全国のBMWとMINIの正規ディーラーで活用されている営業活動支援ツールや、新製品導入時の教育ツールもiPad専用に開発することも計画している。セールススタッフの業務プロセスの効率化を図る。

iPad