矢野経済研究所は、電動パワーステアリングシステム(EPS)市場の調査を実施し「2010電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望」にまとめた。

調査は6〜9月にかけてEPSメーカーなどに専門研究員が面談などで調べた。

2009年のEPSの世界市場は、1920万台規模と推計した。コラムアシスト式が市場の半分を占めており、このトレンドは2010年以降も変わらない。ただ、大型車の比率が高い北米市場でのEPS装着率が飛躍的に高まることから、これら車両に適したラックアシスト式も数量が伸びる見込み。2016年には2009年と比べて約2.5倍となる4890万台に拡大すると予想する。

EHPS(電動油圧パワーステアリング)の市場は2009年に330万台のと推定。燃費性能の向上でEPSに劣ることから徐々にEPSに取って代わられる可能性が高いと指摘している。2016年の市場は2009年比42%減の190万台規模まで縮小すると予想する。

一方、モータ、ECU、トルクセンサの主要構成部品の市場は金額ベースで年平均で9.9%成長し、2016年には2009年比で1.9倍にあたる3195億円に達する見込み。主要構成部品はEPS市場の拡大とともに金額ベースの市場も拡大する。