今仙電機製作所は、タイに自動車用シートアジャスタを生産する第2工場を新設する。

タイの同社の子会社イマセン・マニュファクチャリング(タイランド)が第2工場を新設し、タイ国内の自動車用シートメーカーのシートアジャスタの増産要求に対応する。

タイ工場は、アジアの自動車需要の好調でフル生産に近い状態になっており、既存の工場だけでは生産能力が不足する見込みとなったため、生産能力を増強する。

新工場の投資額は約5200万バーツで、10月から着工し、2011年11月から操業する予定だ。第2工場には、既存工場のプレス設備を移管してプレス専用工場とする。これにより、プレス工程の生産能力は、約2倍となる。既存工場の移管後空きスペースは、溶接・組立設備を増強し、生産能力は約1.3倍となる。