Ninja ZX-10R

川崎重工業は、10月6日よりドイツ・ケルン市で始まった「インターモト2010」に、欧州向け2011年ニューモデル5機種を出展した。

今回、海外市場で人気の高い大排気量スーパースポーツモデル『Ninja ZX-10R』をフルモデルチェンジし、2011年モデルとして発表した。新型車は、エンジンやフレーム、サスペンションを新設計し、サーキットなどでの走行性能の向上させた。さらに、多くのライダーがその走行性能を楽しめるよう、レースタイプトラクションコントロール「S-KTRC」や、スーパースポーツ専用に開発したABS「KIBS」などの先進テクノロジーを搭載する。

また、全く新しいマシンパッケージのモデルとして『Z1000SX』を発表。高い走行性能とシャープなフルフェアリングなどを採用、スーパースポーツモデルの特長を持ちながらも日常的に扱いやすい実用機能も備えた。

スポーツモデルでは『Z750R』を発表。中排気量スポーツモデル『Z750』をベースに、ハイグレードなサスペンションやブレーキを装備して、スポーツ性能を高めた。同時に、ヴィンテージモーターサイクルが持つ外観と乗り味を追求した空冷ツインエンジン搭載の『W800』も発表した。

このほか、クルーザーモデルでは『VN1700』シリーズの新機種『VN1700ボイジャーカスタム』を発表。短めのディフレクターを備える大型フロントカウルと、流麗な形状のサイドバッグなどが特徴でバガー・スタイルと称されるワイド&ローのデザインを採用する。

Ninja ZX-10R Ninja ZX-10R Ninja ZX-10R Z1000SX Z1000SX Z750R Z750R W800 W800 VN1700ボイジャーカスタム VN1700ボイジャーカスタム