イメージ

米国運輸省とEPA(環境保護局)は1日、新たな燃費規制の暫定案を公表した。

これは、2017〜25年モデルの乗用車に適用を予定しているもの。昨年発表された燃費規制では、2016年モデルの燃費を35.5マイル/ガロン(約15.1km/リットル)にすることが定められた。

今回公表された暫定案は、2016年規制をさらに上回る厳しさ。両者の発表によると、2025年モデルの燃費は、47〜62マイル/ガロン(約20〜26.4km/リットル)の間に目標設定されるという。

この値は、2016年目標比で、7割以上の燃費改善を求めるもの。今後、この暫定案をベースに議論を重ね、2012年7月末までに最終的な燃費規制が決定される。