C-MAX

フォードモーターは、9月30日に開幕したパリモーターショーにおいて、同社にとっては欧州市場初となるハイブリッド車やプラグインハイブリッド車の発売計画を明らかにした。

それによると、欧州ではフォード『フォーカス』の派生車種、『C-MAX』をベース車両に選定。このC-MAXのハイブリッドとプラグインハイブリッド車を2013年、欧州フォード初のハイブリッド車として発売する予定だ。

同車には、フォードの最新世代ハイブリッドシステムを採用。高効率なアトキンソンサイクルエンジンとモーター、リチウムイオンバッテリーで構成され、新しい動力分割機構が導入されるという。

C-MAXのハイブリッドは、スペイン・バレンシア工場で、通常のC-MAXとともに生産。すでにフォードは、『トランジットコネクト』のEVを2011年、『フォーカス』のEVを2012年に欧州で発売すると発表しており、C-MAXのハイブリッドがこれに続くことになる。

C-MAX C-MAX パリモーターショー10 パリモーターショー10