ナイロン樹脂によるコート布

東洋紡績は、リサイクル可能なエアバッグ用コート布を開発した。

新開発のコート布は、近年増加しているサイドエアバッグなどに使用される基布で、これまで使用されてきたシリコーン樹脂ではなく、新たに開発したナイロン樹脂でコーティングする。これによって基布とコート材を分離することなく簡単にリサイクルが可能になった。

従来のコート布は、シリコーン樹脂によるコーティングが一般的で、リサイクルが難しく、リサイクルの際の基布とシリコーン樹脂の分離にかかるコスト負担が重かった。今回開発したコート布は、ナイロン66を原糸とする基布に、エアバッグ用に新たに開発したナイロン樹脂をコーティングし、基布とナイロン樹脂を分離することなく、リサイクルが可能になったのが特徴。

独自の紡糸技術と、運転席や助手席用エアバッグで培った基布製造技術に加え、新たに開発したナイロン樹脂を組み合わせることで、シリコーン樹脂の半分以下のコート量でも難燃性が低下せず、通気度で従来のコート布と同等の性能を実現したとしている。

同社は、これまで得意としてきた運転席や助手席用のエアバッグ基布に加えて、今回開発したサイドエアバッグなどで使用されるコート布で、さまざまな車種、部位での採用拡大を狙う。

従来のシリコーン樹脂によるコート布