人気車プリウスは7月上旬購入者でも補助金の対象外となる

日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、日本自動車輸入組合が発表した9月の新車販売台数は前年同月比1.2%減の47万1954台となり、マイナスとなった。

エコカー補助金制度が9月7日で打ち切りとなり、登録車の販売に急ブレーキがかかった。

ブランド別ではシェアトップのトヨタが同6.9%減の13万0136台と落ち込んだ。シェア2位は日産で同6.8%増の7万2282台、3位がダイハツで同7.4%増の6万1434台だった。

ホンダは同8.1%減の5万6996台で4位に転落、5位がスズキで同2.0%増の5万4121台だった。

6位はマツダで同20.6%減の2万0595台、7位のスバルは同4.9%増の2万0173台と、マツダと約400台の僅差だった。8位が三菱自動車で同1.6%減の1万8503台、9位がいすゞで同7.3%増の5309台、10位がレクサスで同18.5%増の3608台だった。

フィット 新型マーチはタイ生産となる ワゴンR ムーヴ