3日午前8時30分ごろ、埼玉県さいたま市桜区内の国道17号バイパスで、右折待ちをしていたクルマ3台が関係する多重衝突事故が発生した。この事故で被追突側2台に乗っていた子供9人を含む12人が打撲などの軽傷を負っている。

埼玉県警・浦和西署によると、右折レーンで信号待ちをしていたワゴン車に対し、後ろから進行してきた乗用車が追突。押し出されたワゴン車が、前に止まっていた別のワゴン車に追突。車両3台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で3台のクルマは小破。2台のワゴン車に乗っていた3歳から9歳までの子供9人と、運転者ら3人が打撲などの軽傷を負った。警察は追突車を運転していた31歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

現場はさいたま市桜区田島付近で、2車線(左折/直進、右折)の直線区間。調べに対して男性は「ブレーキを掛けようと思ったが、足が滑ってアクセルを踏み込んでしまった」などと供述しているようだ。