イメージ

1日午前11時45分ごろ、高知県安芸市内の国道55号で、道路左側の路側帯を歩いていた高齢者3人が後方から進行してきた乗用車に次々とはねられる事故が起きた。この事故で2人が死亡、1人が重傷を負っている。

高知県警・安芸署によると、3人は路側帯を縦列で歩いていたとみられるが、後方から進行してきた乗用車が路外に逸脱。そのまま3人に突っ込んできた。

3人は次々とはねられ、89歳の女性と74歳の男性が全身強打でまもなく死亡。68歳の女性が骨折などの重傷を負い、近くの病院に収容されている。警察はクルマを運転していた香南市内に在住する78歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。2人死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、引き続き調べを進めている。

現場は安芸市赤野甲付近で、片側1車線の直線区間。クルマが直前でブレーキを掛けた形跡は無く、調べに対して男は「気がついたら前に人がいた」などと供述しており、警察では漫然運転が事故の主因とみている。