CRF250R

ホンダは、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車『CRF250R』と『CRF450R』の2011年型モデルを11月9日から受注期間限定で発売する。

CRF250R、CRF450Rの2011年型モデルでは、排気系は日本モーターサイクルスポーツ協会が定める新たな車両レギュレーションに対応した新設計のマフラーを採用、内部構造の変更と容量アップで静粛性を高めた。

また、CRF250Rは、操縦安定性の向上を図るため、ステアリングダンパーのシリンダーを大径化するとともに、前・後サスペンションのセッティングを変更し、扱いやすくした。

CRF450Rは、低・中速域で力強い出力特性を発揮するため、ECUのセッティングやインジェクターを変更した。吸入効果を高めた新形状のエアクリーナーボックスも採用する。車体は、ステアリングダンパーのシリンダーを大径化するとともに、前・後サスペンションのセッティングを変更して操縦安定性の向上を図った。

このほか、CRF250R、CRF450Rともに、新デザインのステッカーをタンクシュラウドに採用する。

受注期間は10月4日から12月10日まで。

価格はCRF250Rが72万4500円、450Rが87万1500円。

CRF250R