川島織物セルコンは、自動車・列車・航空機用内装事業を分社化し、TBカワシマに移管するのに伴って、特別損失を計上すると発表した。

同事業の分社化の会計処理で連結ベースの第2四半期に持分変動損失5億3000万円、株式売却損4億2000万円の合計9億5000万円を特別損失に計上する見通し。

このため、2011年3月期の連結業績見通しの最終損益は3億円の黒字を見込んでいたが6億5000万円の赤字となる見通し。売上高や営業利益、経常利益は前回予想を据え置いた。