産業用リチウムイオン電池モジュール「LIM50E-8G」と「LIM50E-7G」

GSユアサは、産業用途向けに体積エネルギー密度を50%以上向上したリチウムイオン電池新型モジュール「LIM50Eモジュールシリーズ」を開発し、10月4日から発売開始した。

新製品は、産業用リチウムイオン電池の研究開発で培ってきたノウハウを結集して、量産に適した電池構造とし、コストパフォーマンスを実現、顧客の用途やニーズに合わせたモジュール設計にも対応する。スマートグリッド・電力貯蔵・電源システムなど向けに需要の拡大が見込まれる。

まず直流24V用の電源としても使える「LIM50E-7G」と、高電圧用途に適した「LIM50E-8G」の2機種をラインナップし、シリーズを順次拡大していく。

LIM50Eシリーズは、体積エネルギー密度を50%以上、質量エネルギー密度を30%以上向上した、モジュールとして小型・軽量化した。産業用リチウムイオン電池で実績のある電池監視装置を標準装備する。全セル電圧とモジュール温度を常時監視し、電池の情報を充電器やシステムに送信する機能も持つ。

また、量産に適した電池構造とすることで、コストダウンが図れるようにした。