プレマシー

日本自動車販売協会連合会が発表した9月のブランド別新車登録台数(軽除く)は、シェアトップのトヨタが前年同月比6.9%減の13万0136台と前年割れとなった。シェアは42.2%だった。

エコカー補助金制度が9月7日申請分で打ち切られ、一気に需要が冷え込んだかっこうで、ホンダやマツダなども前年割れとなった。

2位の日産は『ジューク』や『エルグランド』の販売が順調で同4.7%増の5万7879台とプラスを維持した。3位のホンダは同11.7%減の4万2723台、4位のマツダが同22.9%減の1万6060台と2ケタマイナスとなった。

5位のスバルは『レガシィ』や『フォレスター』の販売が順調で同13.3%増の1万0374台、6位が三菱自動車で同6.7%増の7491台だった。7位のスズキは同15.0%減の5437台と低迷した。

8位のいすゞは同7.3%増の5309台、11位の三菱ふそうは同32.0%減の2759台となったが、10位の日野は同4.6%減の2979台、13位のUDトラックスが同32.9%減の627台とトラックは明暗が別れた。

ヴィッツ CR-Z