普通トラック業界がまとめた2010年度上半期(4〜9月)の普通トラックの販売台数は前年同期比46.4%増の2万6137台と大幅プラスとなった。

9月から大型トラックで新長期排出ガス規制適合車した登録できなくなり、8月までに価格の安い規制適合前のトラックに代替えする駆け込み需要が顕在化した。

大型トラックは同61.3%増の1万6476台、中型トラックが同26.4%増の9661台だった。

ブランド別では、いすゞが同56.0%増の8991台となり、日野を抜いてシェアトップとなった。2位の日野は同38.0%増の8142台だった。

3位の三菱ふそうは同47.7%増の4725台で、4位のUDトラックスが同42.9%増の4279台と迫っている。