29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた

コードマスターズから10月7日に発売予定のレースゲーム『F1 2010』。プレイステーション3とXbox 360、PC版が発売予定。9月29日に行なわれた完成披露会では、高橋国光氏や中嶋悟氏、片山右京氏、川井一仁氏がゲストで登壇した。

本作はただレースを走るゲームではなく、プレイヤーがひとりのF1ドライバーとなってプロレーサーの生活を疑似体験できるのが特徴。ゲーム序盤は弱小チーム所属のドライバーと始まるが、キャリアを積むことでマクラーレンやフェラーリなどといった競合チームのファーストドライバーに成り上がれる。 会場で実際にプレイした片山氏は、「遊ぶ前はいまごろF1のゲームかという気持ちはあったけど、プレイしてみたらおもしろい! 僕は弱小チームから実績をコツコツ積み重ねていくのが好き。ひとりでこもってチャンピオンを狙いたい」と熱く語った。

このゲームが ユニークなのは、よくF1中継で見かけるプレスインタビューのシーンも再現されているところ。インタビュアーから質問された場合、プレイヤーは用意された複数の選択肢から答えることになる。この受け答えによって、チーム内でのパワーバランスやライバルとの関係性が変化していく。

これまで多くのF1ドライバーに取材活動を行なってきた川井氏は、「パドックでのインタビューはドライバーの性格がわかっておもしろい」と実体験を語る。変わり者のドライバーとして挙げたのは、ウェバー選手とクビサ選手。「オーストラリアンジョークなのかもしれないけど、ウェバーのギャグは笑いのツボがかなり難しい。でも、本当はTVで見るのと違ってとてもいいヤツ。あと、クビサもわけのわからないジョークが多い」と、F1ジャーナリストならでは苦労話を披露。

『F1 2010』でのインタビューシーンでも、マジメな解答だけでなくふざけた受け答えもできるので、ウェバーやクビサになりきって、各国の記者やチームスタッフを翻弄するプレイもできるかもしれない。

The F1 FORMULA 1 logo, F1 logo, F1 FIA FORMULA 1 WORLD CHAMPIONSHIP logo, FORMULA 1, FORMULA ONE, F1, FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP, GRAND PRIX and related marks are trade marks of Formula One Licensing BV, a Formula One group company. Licensed by Formula One Administration Limited. All rights reserved. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license.

29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた 29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた 29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた 29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた 29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた 29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた 29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた 29日におこなわれた発表会には豪華ゲストが駆けつけた F1 2010(※写真はすべて開発中のもの) F1 2010(※写真はすべて開発中のもの) F1 2010(※写真はすべて開発中のもの) F1 2010(※写真はすべて開発中のもの) F1 2010(※写真はすべて開発中のもの) F1 2010(※写真はすべて開発中のもの)