最古のアルファロメオと同じ年式の、ベントレー・6.5Lがスタート

好天に恵まれた3日、昨年に引き続き『マロニエ・オートストーリー秋Meeting』が宇都宮市農林公園ろまんちっく村(栃木県宇都宮市)を基点に開催された。主催はマロニエ・オートストーリー・フォーラム。

1984年(昭和59年)までに生産開始された国内外の四輪車を中心に50台ほどの参加車が集まり、宇都宮市からさくら市、矢板市を巡る約100kmのルートを走行した。通常クラシックカーイベントでよくみられるタイム計測は行われず、単に決められたコースを走るのがこのイベントの特徴でもある。どうしても、タイム計測があると時間に追われがちになるが、このイベントではそういったことはなく、参加者もそののんびりとした時間を気楽に楽しんでいたようである。そのためか、ピニンファリーナがデザインした2代目の『ブルーバード』や、戦前のフォード『A型クーペ』など大人しいモデルの参加も多くみられた。

午前中の走行から会場に戻って来た参加車はロマンチック村の広場に展示された。そこではJAZZのライブや様々な出店などがあり、会場に来た全ての観客を楽しませようという工夫が見られ、その結果、非常に幅広い層の観客が多く集まり、主催者のいう「クルマ」を末永く楽しむことができる環境づくりと、自動車文化を通じ社会貢献をめざすという趣旨を感じることが出来たイベントであった。 

今回の参加車で最古の1台、1929年のアルファロメオ・6C1750SS フォード・A型クーペがスタート。このような大人しいモデルが出場しているのもこのイベントの特徴のひとつ 2代目のブルーバード。ピニンファリーナによるデザイン ワインディングロードを駆けるランチア・アッピアザガート 家族サービスも兼ねて参加したアルファロメオ・ジュリア1300Ti 非常にきれいな状態のマセラティ・ギブリ ラリーの世界で大活躍したフォード・エスコートRSIIも参加 マセラティ・ミストラルがワインディングロードを駆け抜ける 次々とゴールする参加車達。先頭はアルピーヌ・ルノーA110 ミニも参加。この角度では見えないが、この参加車は1000バンである。 スタートとゴールの会場ではこのようにJAZZのライブも。舞台はメルセデスのトラック