日本精工は、新開発のグリースを採用したハブユニット軸受を開発した。新興市場を中心に拡販し、2014年に売上げ20億円を目指す。

自動車需要が急拡大しているBRICsなどの新興市場は、未舗装路など道路環境が劣悪で、雨季には道路が冠水することもある。ハブユニット軸受は、車両の中でも最も路面に近い位置に取り付けられ、過酷な泥水環境の中で使用される。

今回、ハブユニットの軸受内部に水が浸入した場合でも、軸受寿命が低下し難い耐水グリースを開発した。このグリースは、浸入した水を大きな粒にして包み込み、軸受の軌道面と転動体に水を近づけない。また、グリースの添加剤の作用で、金属表面に保護被膜を作り、直接水を軌道面と転動体に接触させない。

ハブユニット軸受の長寿命化と信頼性向上に貢献する。