フォード フィエスタ RS WRC

フォードモーターは9月30日、パリモーターショーにおいて、『フィエスタRS WRC』を初公開した。2011年シーズンから、WRC(世界ラリー選手権)へ投入される。

FIA(国際自動車連盟)は、2011年からWRCのレギュレーションを変更。各メーカーは、1.6リットルターボ+4WDのニューマシンで争う。フォードはフィエスタのラリーマシン、『フィエスタS2000』をベースにした新マシンで、WRCを戦う。

フィエスタRS WRCの開発は、従来通り、欧州フォードとMスポーツが担当。先代WRCマシン、『フォーカスRS WRC』のノウハウを生かしながら、エアロダイナミクス性能などのモディファイが行われた。

エンジンは、フォード自慢の「エコブースト」を搭載。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンをターボチャージャーで過給したユニットだ。スペックは公表されていないが、フランスのピポ・モチュールがチューニングを手がける。

フィエスタRS WRCは2011年2月10〜13日、WRC開幕戦のラリースウェーデンでデビューを飾る。フィエスタは欧州ナンバー2の売り上げを誇る人気車であり、フォードはWRCへの投入で、さらなるイメージアップを図る戦略だ。

フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC フォード フィエスタ RS WRC